スタートライン

 

商店があり、病院があり、いこいの場があり
道路が整備されていれば、そこは「街」というのだろうか。
ボクはそうは思わない。街の主役は「人」だ。

 

南相馬市の20km圏内に出されていた避難指示が今日解除された。
JR小高駅にたくさんの人を乗せた始発便が到着し、
7時30分からJR小高駅前で避難指示解除のセレモ二ー、
「南相馬市復興に向けての誓い」が開催された。

 

あの日から5年4か月。
当時の小学生のほとんどは
別の土地で中学生や高校生になった。
古里に戻ることを夢見ながら亡くなった方もいる。
この間、20km圏内では危険な建物が取り壊され
ライフラインの整備も終わり、
生活圏の除染が終了した。
復興公営住宅が建設され、
いくつかの民間の商店が営業を再開した。
でも、そこは「街」じゃなかった。

 

避難指示が解除されたからといって
一気に何かが変わるわけじゃない。
昨日と今日、見た目としては
劇的に変わるものなんてない。

 

でも、一つ言えることは
一度息絶えた「街」に魂が入ったということ。
今日がスタートラインだ。

 

タカノ

 

小高駅に入ってきた始発便

 

野馬追の礼螺(れいがい)が市民を出迎え


コメント
>ナカオさん
コメントありがとうございます。
そう、何事も前を向くことが大事なのですよね。
どのような形でも未来を拓いていくこと。
小高区のこれからを見ていてください。
  • タカノ
  • 2016/07/24 5:07 PM
いつもありがとうございます。現実は厳しいですが、前を向いて参りたいと存じます。ありがとうございます。
  • ナカオ
  • 2016/07/15 4:03 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM